トップお問い合わせサイトマップリンク

5.  偉大なトレーダーに学ぶ5  「ジョン・ヘンリー2」  John W. Henry


今回はメジャーリーグの有名チーム、ボストン・レッドソックスのオーナー、
ジョン・W・ヘンリー(つまりは、彼の会社)のトレード法、方法論について学んでみよう。

まず、ヘンリーは、「未来の価格を予測できないのは、自分だけだとは思っていない。
どんなことでも一貫して予測できる人間などいない。特に投資家には。
未来を予測するのは、投資家ではなく、価格だ。それにもかかわらず、
投資家たちは自分か、他の誰かが未来を予測できると信じていたり、
そう願ったりしている。」と言っている。

つまり、予測は不可能だと言っているのだ。
それだけではない。ヘンリーは、予測で利益を得ているのではない、ということを意味している。
予測を活用している人も、いない人も、30億ドルもの巨額の資金を運用し、
メジャーリーグのチームのオーナーにまでなった人物の意見は、参考になると思う。

「ほとんどの人は、やるべきことをやれる自制心を持ち合わせていない。」
これは、つまりは忍耐力だ。
含み益がふくらんでいっているとき、利益が減るのを恐れてすぐ手仕舞いたくなる。
それを我慢しなければ、数少ない勝ち数で利益を上げるのは、非常に困難になる。

「トレードの回数が少ないほど儲かる」
これには、異論もあるだろうが、
コストの削減などの面から見て、参考になる意見だと思う。

「我々は、トレンドを表している価格動向に参加する、ということに、本来のリターンは存在すると
信じているし、また、ボラタイルで不確定な金融および金融でないマーケットから生じる超過リターンも求めている。」
これは、つまりトレンドフォローを示している。
市場に大きなトレンドがあるときに大きなリターンを得ようとして、
短期的なボラティリティを無視している。

「グローバル分散化」
70を超える市場に参加し、広く分散化することで、リスクを低下させている。
この哲学は、非常に参考になる。
70は不可能にしても、いくつかのマーケットに分散させることは、有効だろう。
その手法が有効である限り、ある市場で不利でも、他の市場では有利となったりする。
もちろん、全てで不利、ということもあるが、手法が有効である限り、
最終的には良い結果が待っているであろう。

参考文献:「トレンドフォロー入門」「インベストメント・スーパースター」「John W Henry & Company」

コラムのトップへ
(その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。)

福岡市の注文住宅会社/ 福岡の工務店/ 健康住宅
Copyright 2005-10 by シンプルトレード研究会 All rights reserved.