トップお問い合わせサイトマップリンク

4.  偉大なトレーダーに学ぶ4  「ジョン・ヘンリー1」  John W. Henry


今回はメジャーリーグの有名チーム、ボストン・レッドソックスのオーナー、
ジョン・W・ヘンリーについて学んでみよう。

ヘンリーは、現在30億ドルもの運用資産を動かしており、
ストラテジック・アロケーション・プログラムでは、11.0%、
フィナンシャル・アンド・メタル・ポートフォリオでは、26.67%ものリターンを実現している。

ジョン・ヘンリーは、イリノイ州クインシーの裕福な農家に生まれた。
また、9歳のとき初めてメジャーリーグの試合を観戦し、そのとりことなった。
また、ヘンリーは、知性は並だが、数字に関しては、
才能があり、打率や防御率を頭の中で計算していたという。

彼は、ビクター・バレー・ジュニアカレッジ、UCLAなど4つの大学に出席し、
主に哲学を学んでいたが、なんと大学の学位は取っていない。

転機となったのは、父親が死んだときだった。
彼は、農場を継ぎ、独学でヘッジの技術を学び、穀物の投機を始めた。

ヘンリーの初めてのトレードは、大豆の価格が上昇しているときだった。
彼は、「大豆の先物をヘッジのために売れ」とアドバイスされたが、
自分の本能に従い、先物を買いに走った。
そして、後に彼は、「純粋な幸運だった。」と言ったが、
75000ドルの利益を上げた。

その後、1980年にトレーディングシステムを作り上げ、
1981年までに、ジョン・ヘンリーは、
ジョン・W・ヘンリー・アンド・カンパニーを設立し、
フルタイムのマネーマネジャーとなり、6つのトレーディングシステムを
用い、通貨から穀物までトレードしていた。

彼のトレード法を簡潔に言えば、
長期トレンドフォロワーである。

1つのポジションを数日どころか数ヶ月も保有する。
1年以上保有することも、珍しくない。

また彼は、自分の利点は忍耐力である、という。
たった30から40%の勝率であるそうだが、
相当の収益率を上げていることからも、忍耐力のあることがうかがわれる。
また、全成績のほとんどの部分をたった数回のトレードでもたらされた。

加えて、損失のポジションは、数週間以内に手仕舞われるそうだ。

【ジョン・ヘンリーについて、もっと詳しく知る】
ジョン・W・ヘンリー(John W. Henry:ボストン・レッドソックスのオーナー)とは?



次回は、ヘンリーのトレード法、方法論について、くわしく学んでみる。

参考文献:「トレンドフォロー入門」「StreetStories.com」

コラムのトップへ
(その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。)

福岡市の注文住宅会社/ 福岡の工務店/ 健康住宅
Copyright 2005-10 by シンプルトレード研究会 All rights reserved.