トップお問い合わせサイトマップリンク

2.  偉大なトレーダーに学ぶ2  「モンロー・トラウト」1  Monroe Trout

モンロー・トラウトがトレードと出会ったのは、17歳のときだった。
故郷のコネチカット州のニューカナンという町で、
ビラー・ケリーという先物トレーダーのオフィスで価格データ入力の仕事をしたときだ。

その後、ハーバード大学に進み、株式指数先物についての卒業論文を書き、1984年卒業した。
大学院には、トレードがしたいという理由から進まず、ビクター・ニーダーホッファーが社長をする、
NCZコモディティ社で働くことになる。

それから2年後の1986年、トラウトは独立することになる。
その後のトラウトのリターンは、
1989年に65%、1990年に47%、1991年に9%、1992年に21.5%、1993年に16%、 1994年に21.6%で、
これらのとんでもないリターンを数億ドル規模の資金で達成している。
トラウトの手数料収入は、1994年だけで少なくとも3100万ドルにも上る。

これほどまでに素晴らしい、スーパースターのトラウトのライフスタイルは、とても質素という評判だ。
シカゴのマンションを賃貸で住み、
父親からもらった古いオールズモビル(アメリカの国産車)に乗っているそうだ。(1994年時点)

2002年、トラウトは、運用会社であるTTMC(Trout Trading Management Company)を
TCM(Tewksbury Capital Management)TMCという名前に変更し、
4月にトゥークスベリー氏に業務を全て譲渡し、引退した。

次回は、トラウトのトレード法、方法論について学んでみよう。

参考文献:「新マーケットの魔術師」、「StreetStories.com」

コラムのトップへ
(その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。
当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても当方及び情報提供者は一切の責任を負いかねます。)

福岡市の注文住宅会社/ 福岡の工務店/ 健康住宅
Copyright 2005-10 by シンプルトレード研究会 All rights reserved.